エシカル消費と動物への配慮を考えるシンポジウム

エシカル消費と動物への配慮を考えるシンポジウム

様々な企業でエシカルな取り組みが行われ、消費者の間でも「エシカル」に対する関心が徐々に高まっているように感じる昨今、動物の問題はエシカルという言葉の中から抜け落ちてしまっているように感じる。一般的に「エシカル」または「エシカルファッション」を考える時、フェアトレードやオーガニック、労働者の人権、環境問題などが挙げられるがアニマルライツ(動物の権利)の問題は含まれていないか、もしくは軽視されている場合が非常に多いように思う。リアルファーに関しては、その非倫理的な生産方法が動物愛護団体らの活動によりあきらかにされ、リアルファーからフェイクファーに切り替える企業も少しづつ増えてはきたが、レザーやダウン、ウールなどに関しては、エシカルか否かの議論からは切り離され、衣服の素材として当然のように使用され続けている。アニマルライツもエシカルという枠組みの中で議論されるべき大きな問題の一つだと私たちは考えている。

10/2に立教大学池袋キャンパスにて「エシカル消費」に関するシンポジウムが開催される。登壇者にはイギリスのエシカルコンシューマー・リサーチアソシエーションの創始者であるロブ・ハリスン氏が招かれ、「エシカル消費」における「動物への配慮」の重要性をお話しいただくほか、食べ物(工場畜産)、ファッション(毛皮・皮革など)、化粧品(動物実験)という3つのテーマについて取り上げ、ディスカッションが行われる。エシカルという言葉の意味を改めて考え、これからの企業と消費者の倫理観の指標になるような有意義なシンポジウムになる事を期待している。

エシカル消費と動物への配慮を考えるシンポジウム

SPEAKERS : ロブ・ハリスン(エシカル・コンシューマー主筆)、山本良一教授(日本エシカル推進協議会代表)、細川幸一教授(日本女子大学)、佐藤衆介教授(帝京科学大学)、山口 智彦(株式会社クレアンCSRコンサルタント)、小林弥生(株式会社ラッシュジャパン取締役)、古谷由紀子(サステナビリティ消費者会議)、阿部治教授(立教大学/ESD研究所)
DATE : 2016.10.2(SUN)10:00~16:55
PLACE : 立教大学 池袋キャンパス 5号館1階 5123教室 東京都豊島区西池袋5丁目10
http://www.aiecs.net/