6/12は児童労働反対世界デー

世界では9人に1人、1億6,800万人の子どもが児童労働に従事していると言われている。児童労働を強いられる子どもたちは十分な教育を受ける事が出来ず、大人になり家庭を持つようになっても、貧困から抜け出す事のできない負のスパイラルに陥ることが大きな問題となっている。
先進国で生活する私たちには想像もできない過酷な現実がそこにはあり、残念ながら子どもたちは生まれてくる環境を選択する事ができない。

児童労働問題の解決に取り組む特定非営利活動法人ACEは児童労働反対世界デーの6/12に目黒HUB TOKYOにてノーベル平和賞受賞者で人権活動家のカイラシュ・サティヤルティ氏からのメッセージを伝える為のトークイベントを開催する。
2016年5月に来日していたカイラシュ・サティヤルティ氏と長い時間を共にしたACE代表の岩附由香氏と電通ソーシャル・デザイン・エンジン代表 並河進氏が登壇し「Dream, Discover, Do!~ノーベル平和賞受賞者カイラシュさんが教えてくれたこと〜」と題し「児童労働のない未来」をつくるために私たちにできる事を考える。
トークイベント終了後には登壇者を交えた懇親会も予定されている。

あなたの着ている洋服は児童労働によって作られたものではないか。
あなたの買い物が児童労働を行う企業を支援していないか。

この日を機会に是非考えてほしい。

[トークイベント] Dream, Discover, Do!

DATE : 2016.6.12(SUN)15:00 – 17:00 (懇親会:17:00 – 17:45)
PLACE : HUB TOKYO (http://hubtokyo.com/) 東京都目黒区目黒2-11-3 印刷工場1階
http://acejapan.org/info/event/160612